3Dプリンター

【3Dプリンター タイムラプス】100均に売ってるリモコンシャッター使える!

\ Follow me /

どうも、まつぼっくりです。

以前、3Dプリンターのタイムラプス(レイヤーラプス)動画を撮りたくて、リモコンシャッター付き三脚を購入しiphoneでの撮影に成功しました。

しかし、このリモコンシャッター、6分で自動電源オフになってしまうことに最近気づきました( ゚Д゚)

3Dプリンターで大きなものを造形するときは、1レイヤー6分以上かかってしまい、撮れない・・・

そこで、新たにリモコンシャッターを100均にて激安で購入しましたので、そのリモコンシャッターをEnder3に搭載してタイムラプス撮影した内容をご紹介します😀

過去に書いた3Dプリンタータイムラプス記事

過去の3Dプリンタータイムラプス記事はこちら。

100均のリモコンシャッター

まずは、購入した100均のリモコンシャッターからご紹介します。

このリモコンシャッター、ダイソーで300円でしたが電源ON-OFFを自分で切り替えられ、自動電源OFFもない!

楽天でも売ってるようですが、100円くらい高いので近くにダイソーがある方はそちらへ足を運んだほうがいいですね。

私が100均で購入したものはこちら。

100均ですが300円!

でも激安です。

さあこのリモコンシャッター、これを3Dプリンターに搭載しなければなりませんのでサイズ測定から。

幅が33㎜。思ったより大きくて、取り付ける治具も大きくなりそう。。。

搭載治具の製作

モデリング

寸法も測り終わったところで、次はモデリングです。

モデリングは無料で使用できるCADソフト、Fusion360を使用します😀

Autodesk(オートデスク)

Fusion360は機能も十分で使い勝手も最高。趣味にフル活用させてもらってます。

3Dプリンターで出力

Fusion360で作ったモデルを3Dプリンターで出力します。

いい感じに出力できました!

3Dプリンターの使い方は下記の記事をご参考に😀

タイムラプスの撮影

作った治具をEnder3に設置して。

スライサーソフトCuraのヘッドがシャッターを押してくれるように設定して、いざ撮影!

スライサーソフトCuraでのタイムラプス設定方法はこちら。

【3Dプリンター タイムラプスの撮り方】Cura編

撮影成功!

まとめ

今回の記事は100均のリモコンシャッターでタイムラプスを撮影しました。

タイムラプスでこれからもいろんなものを撮っていきたいですが、iphoneでbluetoothは限界がありますね。

他のbluetoothと混在するとうまく撮れなかったり、たまにシャッターが押されなかったりするので、いいカメラ買おうかな。。。

では、また今度( `ー´)ノ

\ Follow me /
タイトルとURLをコピーしました