3Dプリンター

スマホホルダーを3Dプリンターで作ったら有能だった。

\ Follow me /

こんにちは、まつぼっくりです。

これまで3Dプリンターで作ったものをいろいろ紹介してきましたが、今回はスマホのホルダーを製作しました!

関連記事↓

【3Dプリンター タイムラプス】100均に売ってるリモコンシャッター使える!

また、三脚を購入してタイムラプス動画などの撮影に挑戦してましたが、安定感と低さを求めて、タイムラプス撮影できるスマホホルダーをその辺に転がってた部品を活用し、作りました。

ばねを使った機構部分が不安でしたが、思ったより有能だったのでご紹介します。

Youtubeにも上げてますので是非ご覧ください。

準備したもの

・その辺に転がってたなんかのバネ
・3Dプリンター
・Fusion360(CADソフト)
・Ultimaker Cura(スライスソフト)

その変に転がってたバネ

3Dプリンターの良さは、自分で設計したものが作れるので、その辺に転がっているものに合わせてモノを作ることが出来ることですね!

今回はこのバネ。何のバネかよくわかりませんが、私の工具箱に入っていました( ˘•ω•˘ )

使う当てもなかったので、以前から作ってみたかったスマホホルダーに使えるのでは!?

と設計してみました。

使用した3Dプリンター

使用した3DプリンターはEnder3です。

2020年5月に購入し、今でもバリバリ動いています。

価格もリーズナブルで25,000円ほどで購入できます。

関連記事↓

【Ender3アップグレード】 Z軸のブレを抑えろ!Z軸ホルダー製作

使用したフィラメント

フィラメントですが、格安フィラメントのSUNLUを使いました。

品質は高いものと比べても、遜色ないですね。

私が買ったものは2,000円くらいでしたが、安いものだと1,400円であったんですね。。。

今度はこれ買います(; ・`д・´)

Fusion360での設計

Fusion360は本当に便利ですね!

今回はバネを使ってスマホをがっちりホルダーする機構を設計しました。

Fusion360に関する記事はこちら↓

3Dプリンターのデータをダウンロードしてプリントする方法

Ultimaker Cura

Ultimaker Curaに関する記事はこちら↓

3Dプリンターのデータをダウンロードしてプリントする方法
Autodesk(オートデスク)

スマホをホルダーしてみた。

まとめ

3Dプリンターほかの記事でも何度も紹介してますが、超便利です!

ほかの3Dプリンターも下記記事で紹介してますので参考にしてください。

3DプリンターをDIYで使いたい!3Dプリンター導入編
「3DプリンターをDIYで使いたい」という人に向けて、使うまでのプロセスを実例でご紹介します。
\ Follow me /

タイトルとURLをコピーしました