3Dプリンター

3Dプリンターを DIYで使いたい!造形編

こんばんは まつぼっくりです。

前回の記事では、「3Dプリンターを DIYで使いたい!データ作成編」で造形するためのスライスデータについてご紹介しました。

3Dプリンターのデータをダウンロードしてプリントする方法 - そうだ、自分で作ろう。
こんばんは。matsubokkuriです。前回の記事は「3Dプリンターを DIYで使いたい!3Dプリンター導入編」の記事で家庭用3Dプリンターについて紹介させていただきましたが、今回は実際に製品を作ってみましょう。

スライスデータがどういうものか皆さんご理解いただけたでしょうか?
3Dプリンターでモノを作る際に最も重要になってくるのがスライスデータの作成です。

前回はこのスライスデータについて簡単に説明しましたが、実はもっと奥が深い工程になります。

ヘッドの動作速度を変えて品質を変えたり、サポートの立て方を変えて効率よくプリントしたり、充填率を変えてプリント速度を早くしたり、と。

スライスデータの作り方(Curaの使い方)については一つの記事では紹介しきれないので、別途ご紹介できたらと思います。

さて、今回は実際に造形してみましょう!

スライスデータは準備OK!この後どうやって作るの?

それでは、造形スタートまでの一連の流れを説明しますね。

私の購入したEnder3での手順になりますが、参考までにご覧ください。

電源ON!

まずは右側面にある電源ボタンを押し、起動します。

電源ボタンを入れるとパネルの電源が入ります。

電源ボタン
パネル表示

キャリブレーションの仕方

電源を入れたらキャリブレーションしましょう。

キャリブレーションとはプリント1層目がしっかりベースにくっつくようにコピー用紙1枚分(0.1㎜)のクリアランスで調整することです。

それでは、実際にやってみましょう。

まず、ダイヤルを一度押して、メニュー画面*¹を表示します。
そしてダイヤルを回して「Prepare」を選択*²し、Auto home*³を押します。

*¹メニュー画面 → *²Prepareを選択
*³Auto homeを選択

するとヘッドが動き出し、home位置に移動します。

ここまでいいでしょうか?

Auto homeを実行すると、ベースのアクチュエーター(モーター)にブレーキがかかり動かなくなりますのでDisable steppers*⁴で解除しましょう。

*⁴ベースのアクチュエーター解除

Disable steppers*⁴ を押して解除したら、いよいよ 造形の成功を左右するベースとヘッドのクリアランス調整です。

クリアランス調整はベースとヘッドを手動で動かし、コピー用紙一枚を挟み、左手前→左奥まで4か所を調整していきます。

①ベース左手前
③ベース右奥
②ベース右手前
④ベース左奥

感覚としてはコピー用紙を引っ張った際に若干固く擦れるくらいですかね。

ここは感覚になりますが、抵抗が強いほうがクリアランスが小さく、1層目をベースに密着させやすいので、造形中の剥離不具合が発生しづらくなります。

剥離不具合とは、フィラメントを積層していくと熱収縮によって反ってしまい、ベースから剝がれてしまう現象です。

クリアランスの調整でこの不具合は出ないようにしましょう!

スライスデータの移し方

次にスライスデータを読み込んでみましょう。

microSDを差し込み*⁵、Print from TFを選択*⁶するとmicroSDに入っているデータが表示されます。

*⁵microSD差し込み
*⁶Print from TFを選択

造形スタート!

造形したいスライスデータを選ぶと造形スタートです!

まとめ

今回は造形編についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

3Dプリンターの種類によって操作方法は違いますが、大枠の流れはご覧いただけたかと思います。

3Dプリンターの基本編として、購入編~データ作成編~造形編と3記事でお届けしましたが、下記に記事のリンクを貼りますので見返して頂けたらと思います。

3DプリンターをDIYで使いたい!3Dプリンター導入編
「3DプリンターをDIYで使いたい」という人に向けて、使うまでのプロセスを実例でご紹介します。
3Dプリンターのデータをダウンロードしてプリントする方法 - そうだ、自分で作ろう。
こんばんは。matsubokkuriです。前回の記事は「3Dプリンターを DIYで使いたい!3Dプリンター導入編」の記事で家庭用3Dプリンターについて紹介させていただきましたが、今回は実際に製品を作ってみましょう。

今後基本編以外に、詳細編についても書かせていただきますので、お楽しみに!

ではおやすみなさい(-_-)zzz

\ Follow me /
タイトルとURLをコピーしました