3Dプリンター

家庭用3Dプリンターで作る手巻きタバコのシガレットケース!

\ Follow me /

どうも!まつぼっくりです。
今日は以前紹介した「紙巻タバコのままタバコ代を1/2にできる節約術!」で作ったタバコを格納するシガレットケースを3Dプリンターで自作しましたのでご紹介します!

タバコケースって、楽天やAmazonで探せばいろんなものがありますが、なかなか自分の使い勝手のいいものが見つかりませんでした。

そこで、3Dプリンターで作ることにしました(゚∀゚)

私が求めていたシガレットケース

・手巻きタバコがピッタリ収まる!
・必要最低限のコンパクトさ!
・20本じゃ足りない!28本入るケース!

3Dプリンターでシガレットケースを作る前

このシガレットケースを作る前は、100均で買ったカードケースにタバコを入れてました。
手巻きタバコって普通のタバコより小さいってのもあって、隙間が出来ちゃうんですよね(+o+)
これが嫌で、ピッタリサイズのシガレットケースをモデリングし、3Dプリンターで自作しました。

私が使用している手巻きタバコのサイズ

ペーパー

手巻きタバコはいろいろありますが、私のペーパーはSmoking Liquoriceです。
スローバーニングで燃えるのも遅く、リコリス(甘草)で作られているのと、ペーパー自体が厚いので巻きやすくて気に入っています。

フィルター

フィルターはPUREのスリム チャコール フィルターを使用しています。
直径は6㎜ですね。

さあ、これがピッタリ入るシガレットケースを作っていきましょう!

シガレットケースのモデリング

今回のモデリングはシンプルなので、短時間でモデリング完了しました!
それがこちら!
ただの真っ平では面白くないので、強度も考慮して幾何学パターンを入れてみました。

サイズは105㎜×78㎜×18㎜。
少し大きいですが、チノパンのポケットには普通に入ります。
28本入るので、普通の日は2日は持ちますね。
今はコロナ禍で飲み会は行ってませんが、飲み会の日は28本なくなるかも( ゚Д゚)

シガレットケースを3Dプリント!

モデリングができたところで早速プリントしました。
プリント時間は5H!
今回の3Dプリントするシガレットケースは2㎜と薄肉なので、インフィル(密度)は100%にしました。

なかなかの出来栄えです!
蓋は溝でスライドできるようにしましたが、上手くいきました!
スライドの様子は写真ではわからないのでYoutubeで!

これまで使っていた100均のカードケースと比較すると少し大きいですが、格納本数を考えるとよしとしましょう!

まとめ

今回は手巻きタバコ用のシガレットケースを3Dプリンターで自作しました。
皆さんもご家庭に1台、家庭用3Dプリンターはいかがですか??

ではまた!

【2022年最新版】家庭用3Dプリンターは主に2種類!それぞれのおすすめ機種を紹介
\ Follow me /
タイトルとURLをコピーしました